『SDGs未来都市・横浜の挑戦』への取組

持続可能な開発目標SDGsとは

意図 持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
     
     

当社の取組の中で存分に貢献できるもの
 施策 当社の役員は代表取締役が男性1名、取締役が女性2名となっており、主任にも女性を配置しています。合計4名の女性が適材適所で活躍しております。活躍している女性は異業種からの転職でしたが、土木施工管理技士を取得するなど向上心を持って仕事に努めてくれています。
 施策 当社には未経験者や異業種の方が入社しています。そこで、当社はメンター制度を取り入れマンツーマンでの指導を心がけております。また、建設業には多くの資格を求められるため、年間計画に沿って資格取得に励んでいます。また、なかには小さなお子さんがいらっしゃる方もおり保育園の送迎などがある場合には時間差勤務を行うなど、働き方に多様性をもたせています。
 施策 当社ではISO9001、14001を取得しております。品質活動により、より良い品質の商品を提供することが耐久性の高い商品を提供すると考えており、それにより施工サイクルが長くなりエネルギーや資源の低減につながると考えて施工しております。施工前には現場状況、将来性を加味し土木事務所等と綿密な協議を重ねて施工にあたります。